菅島杉田商店でツケを記録する店員

移住定住支援

移住定住者向けパンフレット

菅島への移住定住希望者向けのパンフレットを作成しました。

子育てや暮らし・産業・文化など、生活していくなかで必要な情報をまとめました。

以下のリンクからダウンロードできます。

移住定住を推進するために

私たち菅島の未来を考える会では、菅島の輝かしく豊かな未来を実現するために「移住定住の推進」に取り組んでいます。

移住定住者向けの情報支援

対外的なアピールも大切ですが、島の受け入れ態勢の整備も同じように大切です。

菅島の未来を考える会では実際に菅島への移住希望者が現れた場合に、住居の提供や生活のサポート・仕事の斡旋などのお手伝いができるよう、移住者向けの情報整理やパンフレット作成などを通して受け入れ態勢を構築しています。

移住者のための情報

仕事、住まい、子育て(教育)などについてご相談いただければ、私たち菅島の未来を考える会が全力でサポートします。

仕事について

360°海に囲まれた離島であるが故、水産業・漁業が盛んです。漁業に従事するためには住民票の移動や漁業権など様々な制約があります。

また、鳥羽まで船で15分で行けますので、本土(鳥羽、伊勢、志摩周辺)へ通勤することもできます。

住まいについて

菅島の未来を考える会では島内の空き家を調査し、改修する活動を進めています。紹介できる物件もございますので、詳細はお問い合わせください。体験移住ができるように準備も進めています。

2020年度空き家リノベーション物件の2階部分
空き家リノベーション

空き家問題とは いわゆる空き家となった建物は防災的・防犯的なリスクが高くなると言われています。また、景観の悪化、悪臭の発生、老朽化による倒壊など周囲に及ぼす影響も無視できません。 こういった空き家問題 ...

子育て(教育)について

島内には菅島小学校と菅島保育所があります。

中学校については、鳥羽本土の鳥羽東中学校(公立)まで定期船で通学します。

高校については、部活のために下宿をする生徒もいますが、近隣市町(鳥羽市、伊勢市、志摩市等)の高校へは定期船で通学することができます。

その他について

医療体制について

島内には鳥羽市立の診療所があります。

突然の大きなけがや診療所で対応できない急病等の場合は設備の整った病院へ緊急搬送します。またドクターヘリで対応することもできます。

© 2021 菅島の未来を考える会