活動内容 空き家リノベーション

ハウジングアンドコミュニティ財団の交流会に参加しました

2020年7月28日に東京御茶ノ水ソラシティで開催された一般財団法人ハウジングアンドコミュニティ財団の交流会に参加しました。

本来ならば東京まで行って会場で参加したかったのですが、東京都での新型コロナウィルス感染拡大を受けて、当団体はZoomでの参加とさせていただきました。

毎年20団体ほどが助成団体として採択を受けているのですが、今回の交流会には前年度助成の10団体、今年度助成の9団体で合計19団体が全国各地から参加しました。

私たちは今年度の活動助成団体として、テーマ3「地方の「空き家」を活かした関係人口の獲得とまちづくり」のブロックで発表させていただきました。

発表後の意見交換の場では、他団体の方から徳島県伊座利地区の漁村留学成功例を紹介いただき「すごく深刻な地域の状況だと思うが、自分たちの手で進めていくことが大切で、その情熱があれば必ず成功する」と温かい言葉もいただきました。

首都圏、都市部、地方都市、それから山村部、それぞれで環境も抱える問題も違いますが、共通する課題もいくつかあったように思います。

特に、地域の自治体組織との関係性、学生ボランティアとの連携、資金の調達方法、新型コロナ禍での活動制限などがキーワードとして頻出してたように感じました。

今回の交流会で刺激を受けましたので、立ち止まらずに我々の活動もどんどん前に進めていきたいと思います。

-活動内容, 空き家リノベーション

© 2021 菅島の未来を考える会