空き家リノベーション

活動内容 空き家リノベーション

菅島移住定住・離島留学モデルハウスの大掃除をしました

2020年9月22日、菅島への移住定住者や離島留学家族を受け入れるための空き家の大掃除をしました。 私たち菅島の未来を考える会では、菅島への移住者(離島留学家族を含む)を受け入れるための住居として、または移住を考えている方の移住体験住宅(モデルハウス)として利用するために、島内の空き家をリノベーションする取り組みを進めています。 現在、1件目の空き家を改修中で、樋の取り換えや洗面、トイレなどの改修工事などを行ってきました。 今回は、工事がひと段落したので、大きな家具の解体、不要物の処理、その他拭き掃除、掃 ...

答志和具の自由に書ける黒板

活動内容 空き家リノベーション 離島留学

菅島の隣の島「答志島」へ離島留学の視察へ行きました

2020年9月13日、菅島の隣の島、答志島へ離島留学の視察へ行ってきました。 対応してくださったのは、答志島で離島留学の実施に尽力された、元町内会長副会長・育成会長の濱口正久さんです。 現在は鳥羽市議会議員としてご活躍されています。 今回の視察では、答志島和具地区で離島留学生や留学家族のために整備された空き家をいくつか見学させていただいた他、そのなかの1軒で意見交換会を実施しました。 意見交換会では、答志島で離島留学を始めてからこれまでの経緯や、課題となっていることなどについてお話ししていただきました。 ...

H&C財団の視察団と空き家物件の前で記念撮影

活動内容 空き家リノベーション

ハウジングアンドコミュニティ財団の視察団が菅島に

2020年8月8日、ハウジングアンドコミュニティ財団の「住まいとコミュニティ活動助成」に採択された私たちの活動について、財団の松本昭専務理事他、東京大学の大月敏雄先生、法政大学の保井美樹先生、跡見学園女子大学の安島博幸先生に視察いただき、様々な意見交換会を実施しました。 安島先生は、平成27年の鳥羽市観光基本計画を策定された方で、また、保井先生は海士町のまちづくりに関わっている方でいらっしゃいます。 改修予定の空き家については、今後改修作業に入りますが、その改修前の空き家の状態について見ていただきました。 ...

活動内容 空き家リノベーション

ハウジングアンドコミュニティ財団の交流会に参加しました

2020年7月28日に東京御茶ノ水ソラシティで開催された一般財団法人ハウジングアンドコミュニティ財団の交流会に参加しました。 本来ならば東京まで行って会場で参加したかったのですが、東京都での新型コロナウィルス感染拡大を受けて、当団体はZoomでの参加とさせていただきました。 毎年20団体ほどが助成団体として採択を受けているのですが、今回の交流会には前年度助成の10団体、今年度助成の9団体で合計19団体が全国各地から参加しました。 私たちは今年度の活動助成団体として、テーマ3「地方の「空き家」を活かした関係 ...

電卓と帳簿とボールペン

活動内容 空き家リノベーション

「住まいとコミュニティづくり活動助成」の採択を受けました

「住まいとコミュニティづくり活動助成」は一般財団法人ハウジングアンドコミュニティ財団の助成プログラムです。 私たち菅島の未来を考える会は、大きな課題の一つであった「移住定住者が使用する住まいの確保」「離島留学家族が使用する住まいの確保」を解決するため、このプログラムに応募しました。 この活動により、「移住定住・離島留学の受け入れ態勢の構築」という私たちの活動の最大のボトルネックを解消することが可能になります。 応募総数は149件、採択されたのはわずか21件。 その21件の採択事業の一つに私たちの活動を選ん ...

© 2021 菅島の未来を考える会