2021年ヒラメの稚魚放流事業の集合写真

小学校の話題 菅島について

菅島の子どもたちが菅島の海にヒラメの稚魚を放流しました

2021年5月28日の放課後、鳥羽磯部漁協菅島支所青壮年部の方々に準備していただいたヒラメの稚魚を菅島の海に放流しました。

参加したのは菅島小学校の生徒と菅島保育所の児童です。

2021年ヒラメの稚魚放流事業で用意されたヒラメ

1000匹放流しても20~50匹くらいしか成長しないということですが、毎年続ければ少しずつでも増えていくので、こうやって放流することはとても大切なことです。

子どもたちからは「赤ちゃんヒラメが泳いでいくのがかわいかった」「しっかり泳いでいって安心した」などの感想が聞けました。

放流したヒラメが元気にたくましく育つといいですね。

関係者の皆さま、青壮年部の皆さま、ありがとうございました。

-小学校の話題, 菅島について

© 2021 菅島の未来を考える会