魚捌き体験中の菅島小学校児童

地域の話題 小学校の話題 菅島について

菅島小学校の漁業に関する学習会(魚食普及活動、魚食体験)が開催されました

2020年10月16日、昨年に引き続き、菅島漁業士会、磯部漁協菅島支所青壮年部、鳥羽市が主催する「漁業に関する学習会」が菅島漁村センターで開催されました。

菅島小学校の児童全員が参加し、午前中は伊勢海老や太刀魚、鯵、鰆の魚捌き体験や菅島の漁業者による塩蔵わかめ作りについての座学が行われました。

小学生対象のプログラムではありますが、保育所の園児たちもお散歩で訪れ、伊勢海老やカニ、ヒトデなどをつついたりつかんだりと楽しんでいました。

楽しそうに魚と触れ合う保育所園児

お昼ご飯には、児童らが捌いた魚を使ったお弁当(伊勢海老、鰆の刺身・たたき、太刀魚の天ぷら、鯵フライ、アカモク・・・)をいただきました(超豪華な給食!)。

午後からは鳥羽市水産研究所所長の岩尾先生による魚食普及に関する座学の他、市場見学等が実施されました。

鳥羽市水産研究所岩尾所長による座学の様子
漁協の市場を見学する児童たち

コロナ禍ではありますが、今年も子どもたちの心に残る貴重な体験を実施することができました。

関係者の皆さま、ありがとうございました。

-地域の話題, 小学校の話題, 菅島について

© 2021 菅島の未来を考える会